アフラックの特徴は担当営業と面談して算出

ユニークでバリエーションに富んだCMや広告で、アフラックの名前は随分浸透してきました。 実際に宣伝に興味を持ち、内容を検討した人も少なくないでしょう。 今日はその中でも、アフラックの特徴を取り上げてみます。 アフラックの大きな特徴として種類ごとに分かりやすい説明をされていることが挙げられます。 日本人は保険好きと言われ、複数の商品に加入しているケースが非常に多いのですが、具体的に内容を熟知していたり、継続の必要性まで判断した上で、契約しているかは非常に不透明になっています。 アフラックの場合は、まず、あなたのライフスタイルから必要性を導き出し、それに応じたプランを紹介してくれます。 保険料もシミュレーションしてくれますので、気になるプランに関わるコストもすぐに把握することができます。 担当の営業さんと何度か面談をして保険料を算出し、最終的なプランを決めるのではなく、あくまでも選ぶ主体者は加入する本人と位置付けていることです。 次の特徴として、対象者を幅広く設定していることが挙げられます。 これまでの商品は若いうちに、健康診断に異常がないうちに、加入することが必須でした。 結果として健康診断結果内容に異常が出ると、契約続行が見送られたり、仮に入れたとしても保険料が高くなるなど、非常にハードルが高いものでした。

学資保険

評判

商品だけでなく受け取り方も豊富なアフラック

昔からよく新入社員が入社直後から、昼休みに外交員の訪問、勧誘を継続的に受ける光景がよく見られたものでした。 しかし、アフラックの場合、年齢や健康状態に左右されず加入できる保険が増えてきています。 さらに特徴として、積立型、貯金感覚で加入する商品が充実していることです。 個人年金や学資保険が主流になりますが、受け取り方や配当等に種類のバリエーションがあるのが現在の特徴です。 これらの商品は、基本的に担当営業との直接の面談が不要です。 ネット上で資料請求をし、比較検討した上で加入することが可能です。 担当営業がついて、何度も面談したり、電話で勧誘を受けるといった手間はまずありません。 こういったことも徐々にアフラックの人気を押し上げています。 もう少し、具体的にアフラックの内容に踏み込んでみましょう。 特徴的なプランに「生きるためのがん保険」があります。 文字通り、がんと診断され、手術やその後の治療負担軽減を前提にしたプランであり、保険料が挙がることのない終身型のがん保険になります。 がん確定診断、入院、通院の際の保障が基本となります。 プランに応じて手術治療、放射線治療、抗がん剤治療を受けた場合の保障、がん診断後の生活サポート年金や、万が一に再発した場合にも給付金を受けることができます。

ブラックスワン

解約方法

アフラックの専門カウンセラーが常駐している

また、すべてのプランにおいて「プレミアサポート」というがんにかかった際の相談サービスが付加されており、不安を抱えがちながん患者のメンタルケアにも留意してくれています。 次に、同じく終身型ですが医療保険があります。 また、将来、医療保障、介護保障、年金のいずれかを選択して保障内容を変更できる低解約払い戻し型の終身もあり、こちらは死亡保険では主力となっています。 銀行の窓口販売も実施している人気の高い内容の商品です。 さて、簡単に紹介してきましたが、他社からも多数の商品が出されており、本当に商品が適切なのか、コストパフォーマンス的に問題がないのか気がかりな方もいるでしょう。 そういった方は、一度、商品を総合的に取り扱うアフラック相談コーナーに出向いてみるのも選択肢の一つになります。 大型ショッピングセンターやターミナル駅構内には、必ずあります。 アフラック専門のカウンセラーやファイナンシャルプランナーが常駐しており、あらゆる商品に精通しています。 アフラックだけでなく、他社にも精通しているので、あなたが希望を伝えれば、その場でいくつかのシミュレーションを出してくれるはずです。 もちろん、その場で手続きを取ることも可能ですし、一旦持ち帰って、家族や知人と再度内容を検討をしてから結論を出すことも可能です。 あなたが選ぶ商品が本当に適切かどうか、確証を持つことも重要な決め手です。 特に商品は生涯にかかわる内容なので、本当に自分にとって適切なのかアドバイスを受けましょう。 適切な商品を決めたら、早速、手続きなのですが、これもアフラックカウンセラーやファイナンシャルプランナーの方のアドバイスを受けましょう。 加入のためには記入箇所が多く、不備があれば書き直しになります。 結構面倒な作業なので、できるだけ対面でアドバイスを受けながら記入し、手戻りがないようにすることも必要です。 手続きが終わり、保険料の初回入金は確認された後に、証券が届くはずです。 大切に保管しましょう。 また、加入した内容がインターネット上でも確認することができるように、契約者専用サイトが準備されます。 証券内容と齟齬がないか確認すると同時にIDとパスワードを絶対に忘れないようにすることも大切です。

スーパーがん保険


このページの先頭へ